IラインとVラインもニオイ撲滅に大切なポイント

すそわきが、という言葉を聞いたことがありますでしょうか。これはデリケートゾーンから出るニオイのことを指します。

 

デリケートゾーンのニオイの原因はいろいろ考えられ、特定するのはとても困難なのが特徴です。

 

例えばおりもの、性病などが考えられますが、何も心当たりがないのであれば、「アンダーヘアー」がその臭いの原因になっていることも多いです。

 

 

Iライン、Vラインからニオイが出ているかも

最近、アンダーヘアーの処理や脱毛が人気を集めてきていますが、これには実は、ファッションやセクシーさをアピールする以外の大きな理由を持ちます。

 

それは、ニオイの対策のため、というものです。

 

一般的に、デリケートゾーンのニオイは膣から出ているとか、陰唇に雑菌がついて繁殖していることなどが考えられますが、意外にもアンダーヘアーから起きている可能性も考えられるのです。

 

なぜ、Iライン、Vラインからニオイが出るのかを考えていきます。

 

 

すそわきがは、わきがと密接な関係がある

最初に書いたように、すそわきがとは、デリケートゾーンのニオイを指す言葉です。わきがとは、わきから出るニオイで、わきにあるアポクリン腺から分泌する汗によるものです。

 

すそわきがも同じように、デリケートゾーンにあるアポクリン腺から出る汗がニオイの原因となりえます。

 

アポクリン腺から出る汗は、粘り気があって肌から離れにくいため、ニオイの原因菌がつきやすいという特徴があります。

 

これはわきだけではなく、Iライン、Vラインの近くにもあるので、わきで起きているニオイがデリケートゾーンで起きている可能性があるのです。

 

ただ、わきとデリケートゾーンではやはり違うため、同じような処理はできません。

 

 

すそわきがの対処法

すそわきがを対処の一つが、陰毛の処理です。陰毛が長く絡み合うことで、汗などがより残りやすくなり、長時間蒸れてしまいます。同時に雑菌もどんどん増えていきます。

 

蒸れを防ぐために陰毛の処理をしてみます。

 

処理とは、簡単に言って短く整えることです。性器に近いIラインとVラインを例に挙げていますが、肛門回りであるOラインの処理ももちろん効果的です。

 

 

短く整えるぐらいなら、鏡を見たり、実際に自分で確認しながら両手でできますので、とてもおすすめです。ただし、傷をつければ一気に雑菌が増える原因になるので、十分に注意しながら慎重にやってください。

 

短く切るのではなく、脱毛までをするとなると自力ではとても無理があります。自家用の機械もありますが、コストもかかりますし、リスクにもなるので、できるだけサロンなどでやるのがお勧めです。

 

 

サロンでやるにしても、お金と時間がかかりますが、とても有効ですので、興味があれば検討してみるのもいいでしょう。

 

ただ、脱毛した後は、しっかりと保湿ケアすることだけは、忘れないようにしましょう。

 

 

関連ページ

デリケートゾーンは保湿が必要
以前、イケメンの彼氏と付き合っていましたが簡単に言うと、まんこの臭いが原因で、終焉を迎えることになりました。それをきっかけに、まんこの臭いがほぼ完璧に消えたので、今思えば、良い思い出なのかなって、前向きに考えています。その時のエピソードと、まんこの臭い対策についてお伝えします。
それ正しい?正しく洗って臭いを消す
以前、イケメンの彼氏と付き合っていましたが簡単に言うと、まんこの臭いが原因で、終焉を迎えることになりました。それをきっかけに、まんこの臭いがほぼ完璧に消えたので、今思えば、良い思い出なのかなって、前向きに考えています。その時のエピソードと、まんこの臭い対策についてお伝えします。
アンダーヘアーのVIO|みんなはどうしてる?
以前、イケメンの彼氏と付き合っていましたが簡単に言うと、まんこの臭いが原因で、終焉を迎えることになりました。それをきっかけに、まんこの臭いがほぼ完璧に消えたので、今思えば、良い思い出なのかなって、前向きに考えています。その時のエピソードと、まんこの臭い対策についてお伝えします。