それ正しい?正しく洗って臭いを消す

デリケートゾーンケアで大切なことは、清潔に保つこと、保湿をして潤いを保つことの2つになります。

 

この2つしかありませんので、その分、いかにきちんとケアできるかが肝心なのです。

 

今回は洗い方に焦点を当てて、詳しく見ていきます。

 

 

石鹸選び

まずは石鹸選びからです。
デリケートゾーンを洗う時の石鹸は、何よりも刺激が強いものを選んではいけません。

 

膣内の体液に似ている弱酸性のものが理想的です。デリケートゾーン専用ソープであれば、まず問題ないでしょう。

 

石鹸は、よく泡立てることが大切です。泡立てるだけなら、手やネットなどでも良いので、十分に泡立ててください。

 

その泡を使って洗っていきますが、指やビデで洗うのではなく、泡で洗うというイメージで、とにかく優しく洗浄することが大切です。

 

 

洗い方の順番

泡立ててからの洗い方を手順にすると、まず泡を陰毛につけて、そこから性器を洗っていきます。最初は性器の外部を、指の腹で優しく、細かいしわの間まで泡が行き届くように洗います。

 

女性の性器は複雑で、形状もとても入り組んでいるので、しわの中に雑菌が入り込むと、きちんと洗わなければ流れていきません。

 

陰毛から性器の外部に泡が行き届き、一通り洗えたら肛門に行きます。肛門を先に洗うと、雑菌が性器に入り込んでしまう可能性があるため、必ず先に性器を洗って泡をつけておいてください。

 

肛門は必ず、陰毛と性器の洗浄が終わってから洗ってください。

 

 

膣の内部

膣の内部は基本的には洗浄しないのがおすすめです。

 

気分的に気持ちが悪いとか、日常的に仲間でしっかりと洗っているという女性も多いかもしれませんが、膣内は善玉菌と悪玉菌のバランスが非常にシビアになっており、少しでも崩れてしまうと炎症を起こしかねませんので、ぬるま湯でも洗わないのが確実と考えられるのです。

 

もしどうしてもというのなら、ぬるま湯と指を使ってとにかく優しく、軽く洗ってください。

 

デリケートゾーンの「部分パック」が有効

近年ではデリケートゾーンのケア用品が爆発的に増え、関心が大幅に高まってきました。

 

デリケートゾーン専用の石鹸に、部分パックというやり方があります。パックとは、顔につけるパックと同じで、デリケートゾーンにパックをするというものです。

 

パックといっても難しいことではなく、洗う前に泡を立てたとき、その泡でデリケートゾーンを包んで3分くらい置く、というものです。泡で包むことで雑菌を殺し、あとは流すだけ、という風にするのです。

 

初めての女性でもとても簡単に使えますし、余計な刺激を与えることなく洗浄できるので、とてもおすすめです。

 

黒ずみの対策も一緒にやってしまうのがおすすめ

最後に、デリケートゾーン専用の石鹸には、黒ずみを除去する効果が含まれているものが多く出ています。

 

ニオイやかゆみで悩む人も多いですが、黒ずみで悩む人も多いので心当たりがあるなら是非一度使ってみてください。

 

 

関連ページ

デリケートゾーンは保湿が必要
以前、イケメンの彼氏と付き合っていましたが簡単に言うと、まんこの臭いが原因で、終焉を迎えることになりました。それをきっかけに、まんこの臭いがほぼ完璧に消えたので、今思えば、良い思い出なのかなって、前向きに考えています。その時のエピソードと、まんこの臭い対策についてお伝えします。
IラインとVラインもニオイ撲滅に大切なポイント
以前、イケメンの彼氏と付き合っていましたが簡単に言うと、まんこの臭いが原因で、終焉を迎えることになりました。それをきっかけに、まんこの臭いがほぼ完璧に消えたので、今思えば、良い思い出なのかなって、前向きに考えています。その時のエピソードと、まんこの臭い対策についてお伝えします。
アンダーヘアーのVIO|みんなはどうしてる?
以前、イケメンの彼氏と付き合っていましたが簡単に言うと、まんこの臭いが原因で、終焉を迎えることになりました。それをきっかけに、まんこの臭いがほぼ完璧に消えたので、今思えば、良い思い出なのかなって、前向きに考えています。その時のエピソードと、まんこの臭い対策についてお伝えします。